ブログで食えるひと3選

いっとき「社畜はダメだ!独立起業してブロガーやインフルエンサーになって月の収入100万円を目指しましょう!!」的な記事がものがもてはやされたが、現時点では「アホぬかせ!会社員もまんざらではないぞ!」という意見も一定数強くなっていると思う。

まぁ、どっちもどっちだったりするのだが、この手の質問はブログをやっているとたまに聞かれたりするので、この際だから言及しておこうと思う。

ブログ…というか独立起業して食えるひと

個人的な意見だが、ブログ(ネット)で食えるひとは以下の3パターンしかないと思っている。

  1. タレントになれるひと
  2. そもそも専門家のひと
  3. それ以外のタイプ(突然変異型)

このいずれかでないと、ブログで突出するのは難しい。

順に見ていこう。

1.タレントになれるひと

ここでいう「タレント」というのは、広義の意味でのタレントのことだ。

僕からみたら、イケハヤさんもはあちゅうさんもタレントだと思う。

なんだかんだいって、タレントは「愛される才能」がないと成り立たないものだと思う(炎上も含めて)

いずれにしても顔を出していることが多いのがこのタイプだ。

2. そもそも専門家のひと

すでに「なんらかのエキスパート」のひとのことを指す。

なお、よほどでなければ独立しないという選択肢もあるのがこのタイプではなかろうか。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
しかし、冷静に考えると、「会社を辞めて自由に生きる」って、ようは、「自分で商売する」ってことでしかないです。

3.それ以外のタイプ(突然変異型)

一概にいえないタイプで、言及は難しい。

ごくまれに1.2.3ハイブリット型のひともいるが、どれかに偏っていることもあり、極めて少数派な気がする。

なんでブログでうまくいかないか

もうちょっと言い換えると、「ブログ(ネット)で食えるか?」ではなく、「ひとりで(リアルで)食えるか?」だと思う。

とくになにもできないひとが突然「ブロガー」を名乗っても、どうにも無理がある。

「1. タレント型」は生まれつき才能を持ったごく少数のひとなので、そもそも僕のような出不精かつ非リアタイプはこれができない。逆立ちしてルッツ/ルッツ/フリップをしてもできない。

「2. 専門家型」は僕の身上だが、専門家がゆえにネットで稼ぐよりはリアル仕事で稼いだ方が能率がよいので、ブログやネットはどうしても後回しになってしまう。SNSではたまに浮上するけど、ブログ1本で勝負するには持ちネタを大量投下できるタイプでないと難しい。ほとんどのひとはここに属すると思うし、リアルで食えるのなら別に問題はない。

「3.それ以外のタイプ(突然変異型)」は、現状ではYouTuber型とかプロゲーマーとか、ゲーム実況配信とかだろうか。なかにはSNSで有名になるタイプのひとでもある。新しいタイプなので「こうだ」とは言い切れないが、ここに入れるひとは「1.タレント型」と「2. 専門家型」も求められる気がするので、そもそも難しいのではないかと思う。

いずれでもない場合、どうすればいいか?

1〜3のうちどれでもない場合、正直いって「ブロガーやインフルエンサーになって月の収入100万円!」は難しいと思う。

ごくまれに突然変異型の天才が出てくるけど、そういうのはかなりイレギュラーな存在だ。

リアルで食えないひとがインターネッツにきたからといって、突然食えるはずがない。

なんか夢のない話で恐縮だが。

でも、逆に言うと「ネットで食えなくても、リアルで食えているのならいいのではないか?」というのが僕の意見でもある。

というわけで

このブログは地味に更新はするものの、息巻いて「ブログで独立しようぜ!」みたいな記事は、まったく書く気がない僕であった。

もちろん、副業としてのネット活動はおおいに勧めている。

あと、なんらかのコミュニティを持っているひとはなかなか強かったりするよね。

ネットとリアル、両者のバランス感覚がかなり重要だと思う。

関連記事

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
オンラインサロン界隈を眺めていて思うこと

ブログの更新情報

Twitter

Facebook