発売前のポメラDM-200が展示されていたので触ってきた

八戸市のカネイリビジネスフェアに行ったら、発売前のポメラDM-200が展示されているではありませんか。

さっそく触ってきました。


以前、ポメラDM-200についてツイートしておりました。

すると、キングジムさんのアカウントからメンションがありまして、

僕はこう答えました。

というわけで、ポメラDM-200は予約済み

あとは届くのを待つだけでしたが、本日開催されていたカネイリビジネスフェアに行ったら…




なんと、キングジムさんのブースに、ポメラDM-200の実機があるではないですか!



使用感については、僕はポメラはまだ使ったことがないので、美崎栄一郎さんのサイトをみたほうが詳しいです。

ポメラニアンに朗報!ポメラDM-200、最速レビュー(美崎栄一郎さん)

なんでポメラがいいか?


MacBookやスマホ+BTキーボードと比べて「コスパが…」というかたもいらっしゃいます。

たしかにその通りですが、この商品の本質はそこではないような気がします。

コンセプトは「テキスト入力専用マシーン」

PCやスマホだと「集中したくても気が散る」のではないかと思うんですよね。

SNSや各種通知、メールなどがピコンピコンきたら、集中したくてもできないわけです。

ブラウザが使えたら、入力しながらTwitterなどを見てしまいませんか?

その点、ポメラは「入力しかできない」というところが最大のポイントだと思っています。

ブラウザもメールも通知もないわけですから、書きたいことに集中したいひとには好都合、というわけです。

なので、MBやスマホ+BTキーボードでイイじゃんという意見はわかりますが、「僕はそこじゃないんだよなぁ」と感じました。

テキスト入力したいひと向けの超ニッチマシーン?


僕にとって、ポメラDM-200は「テキスト入力に集中することにお金を払えるひとが買う」みたいな、超ニッチマシーンだという認識です。

高い安いという意見はありましょうが、僕は値段はあまり関係がないと考えます。

ちなみに、ポメラDM-200を触った感じは…

なんだろう、懐かしい感じ?

MS-DOSでファイラーやMIFESを使いながら、config.sysやautoexec.batをいじっているころを思い出しました!

一太郎Dashみたいな感じもしなくもない。

あるいは、昔あった「ワープロ専用機」を高速・コンパクト化した感じ?

うーん、たとえが古すぎてわからないかw

少なくとも僕は、「新しいのに懐かしい」という不思議な感じを覚えました。

発売日は2016年10月21日です。

届いたら、またブログに書こうかな。

✨ぜひフォローしてくださいまし✨

八戸ブログの更新情報