YAMAHAのポータブル発電機 EF9HiSを買う

毎年、「お前は何屋だよwww」というものをいくつか買うのだが、今年はこれがベストオブ☆何屋だよ案件だったので書いておこう。

仕事で屋外からネットライブ配信をしなければならなかったのだが、いかんせんそこは学校のグラウンドのど真ん中。どこから引っ張ろうにも電源がない。だいたいの機材はバッテリーで動くのだが、映像用のスイッチャーやミキサーまわりは100Vの電源が必要だ。

となると、発電機かポータブル電源の2択である。

で、レンタルでもよかったのだが、

  • ポータブル電源(100Vコンセント付きのデカいモバイルバッテリーのようなもの)のレンタルがなかった。
  • インバーター付き(電圧を安定させる装置)発電機でないと電子機器の動作で確実性が下がると思われた。
  • 北海道で地震があり、「念のため買っておいたほうがいいのでは?」と感じた。

というわけで購入となった次第である。

YAMAHAのポータブル発動発電機 EF9HiS

エンジン式なので、ひとによってはいきなりハードルが高い。

まずは4サイクル用のエンジンオイルを入れなければならない。

まぁ、パスタにオリーブオイルが欠かせないように、エンジンにはエンジンオイルが欠かせないだろう(とでも思うと少しは気が紛れる)

サイドカバーを開ける。めんどうくさい。

ここから入れるっぽい。めんどうくさい。

がしかし、注ぎ口がどうにもあわない。

めんどうくさい。メンディー。

……どうしたものか…

こうしちゃえ(アルミホイルを使用)

なんとか入ったっぽい(こぼしたけど)

続いてはガソリンだ。

やはりハードルが高い……携行用のガソリンタンクなんて初めて買った。

というわけでエンジン始動!

かからんwww

やっとかかった。音はそれなりにある。

感想

まず、エンジン式はとにかく敷居が高いと感じた。

エンジンオイルもガソリンも必要で、火気厳禁な保管場所も必要となる。

普段はモバイルバッテリーとかしか使っていないので、いろいろと勝手が違うのであった。

P.S.

結局、この発電機を使うはずだったライブ配信は、2度の雨天で会場が室内になった。ゆえに出番がなかったのだが…

まぁ、停電しても電気が使えるようになったので、いいっちゃあいいか、ということにした。

✨ぜひフォローしてくださいまし✨

ブログの更新情報

新着記事

Twitter

Facebook