風疹のワクチンを接種してきた

結論から書くと、僕は風疹の予防接種が必要な危険人物だったので、ちょっと書いておこう。

おっさんは注意やで!

僕の年代は、麻疹(ましん/はしか)や風疹(ふうしん)の抗体があるかないか、よくわからない世代だそうだ。

具体的には、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれたおっさんがアヤシイらしい。

僕は昭和45年(こさか元年)生まれなので、ばっちりアヤシイおっさんに該当する。

まぁ、一度罹患していれば抗体もあるのだろうが、肝心の母親が「あー、あんたどうだったかねぇー」というぐらい記憶が曖昧である。

ていうか、自分の息子のことって覚えていないものなのだろうかw

いずれにしても、自分に麻疹(ましん・はしか)や風疹の抗体があるかどうかが、現時点ではわからない。

特に風疹はヤバい

風疹はとても感染力が強く、妊婦に感染すると先天性風疹症候群(聴覚や心臓に障害が出る)になる可能性がある。

妊娠3ヶ月までに感染すると、約85%の胎児に何かしらの異常が生じると言われている。

これを予防するには、社会全体で免疫を持たないと意味がない。

とくに昭和37年〜昭和54までの男性となると、結構な人数が該当するのではないだろうか。

実際ヤバいみたいで、国も動き出している。詳しくはこちらをみていただくとして、

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
都道府県名をクリックするとそのエリアでクーポン券を利用して抗体検査・予防接種を受けることができる医療機関が表示されます。

こさか国王、麻疹と風疹の抗体検査を受ける

さすがにヤバいと思ったので、近所の病院に問い合わせをして、麻疹と風疹の抗体検査を受けることにした。

ゴノヘマティ(五戸町)の病院「田中医院」

待合室にて待つこと10分。

とりあえず抗体検査用の採血が完了。

で! 気になる検査結果は…

これなんだけど。

見方はよくわからないが、つまりは、

  • 麻疹(ましん/はしか)の抗体は基準値に達している
  • 風疹の抗体は基準値に達していない

つまり風疹の抗体が足りないかもという結果になった。

なんとも中途半端な結果ではあるが、ここまできたら風疹の予防摂取をするしかない。

あいにくワクチンは取り寄せになったので、後日ということになった。

風疹の予防接種を完了

再度来院。

風疹のワクチンを接種した。

これでパンデミックを防ぐんや!

こさか国王は、いつか起こるであろう「ゾンビのパンデミック」に備え、夜な夜なゲームを通じて軍事演習をおこなっている。

(例)我が国におけるゾンビのパンデミックに対する予行演習 (防衛庁長官:こさか国王)

だが、そもそも国王に抗体がなければ、国王がソッコーでゾンビになってしまう。

これは、スーパーマリオブラザーズで例えると、最初のクリボーで死ぬかのごとくソッコーである。

というわけで、生き残りつつも国民に迷惑をかけないようにするには、予防接種は大事だと思った。

ちなみに

僕が受診したころはなかったが、最近は無料クーポン的なものがあるそうだ。

例として、八戸市の情報を掲載しておく。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
※※※ 現在、実施に向け準備をしております。 ※※※昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた成人男性の風しん抗体検査・予防接種について

まとめ

  • 風疹やばい(とくにおっさん)
  • 採血すれば抗体の有無がわかる
  • 最近は風疹の予防接種は無料っぽい
  • 風疹とゾンビのくだりはまったく関係がない

以上、抗体検査は各自受けておくことをおすすめする。